art business fantasy brand mission create imagination design fashion love idea

あなたは生きてますか?

2015年12月29日

何のために息をしてますか?

 

何のために食べてますか?

 

何のために友達を作りますか?

 

何のために娯楽を楽しみますか?

 

何のために仕事をしてますか?
何のために?

 

 

 

人間の一番の恐怖は死ですよね。

 

生きてる以上は必ず死ぬわけなんですが、

 

死なないように生きてるんです。でも、死にます。

 

サラリーマンであろうが、公務員であろうが、犯罪者であろうが、総理大臣であろうが

 

 

 

起業家であろうが、ニートであろうが、主婦であろうが、僕もあなたも死にます。
なので、まずは死を遠ざけるのではなく、

 

 

死を受け入れることができると世界の見え方も変わってきますね。

 

 

 

 

この受け入れるというのは

 

「まぁ別に死んでもいいや。」

 

 

とかそういうわけではなくて、死は必ずくるという現実を理解するってことです。
死ぬのが怖いという恐怖から、死を逃避しては

 

 

現実逃避なだけで何も解決しないわけです。

 

生きてることと死ぬということは表裏一体で

 

 

コインの表と裏のような関係です。

 

表が出てればその反対には必ず死があるわけです。

 

 

その現実を理解しなければ、本質は見えてこないんだなと思うわけです。

 

つまり、コインのように裏に死があるとしたら、今は表で生きてるってことですよね。

 

 

 

今は生きてるです。

 

 

 

初めにした質問〝何のために、~?〟って問いにこう答えた人が多いんじゃないかなと思います。

 

 

 

生きるために

 

 

 

間違いではないですが、

 

さっきの本質的はところを考えると、

 

 

 

「生きるため」にではなく、

 

 

 

生きてるからなんです。

 

 

 

そもそも「生きる」ということはツライことです。

 

息をしないと、、、苦しいです。

 

食事をしないと、、、おなかが減ります。

 

友達がいないと、、、孤独です。

 

娯楽がないと、、、退屈です。

 

仕事がないと、、、お金がないです。

 

 

 

 

これらは生きてるという現実から起こることなんです。

 

 

生きるためにそれぞれをしてるのではなく、

 

あくまでも生きてるから。

 

 

 

 

生きてるから、仕方なくやってることなんです。

 

でなければ、ツライからです。

 

 

 

場合によっては死にますからね。

 

 

 

 

娯楽も仕事もやらなければ「ツラい」からやってるってことです。

 

そう考えれば執着することもなくなりますよね。

 

 

僕はよく、

 

「何故、起業したのですか?」

 

「やりたいと思ってますが、続かないです」

 

「一歩が踏み出せないでいます。」

 

 

 

など相談を受けますが、

 

これは生きることがツラいとうことを知らないからなんだと思います。

 

 

 

今から未来を想像して、ツラいことがあるから起業をする(もちろんやりたいこともあるが)

 

やりたいと思っても続かないのも、ぶっちゃけ言うほど今の生活で困ってないだろうし、

 

 

 

十分生きていけはするから続かないのだろう。

 

一歩が踏み出せないのも、今の現状を変えたいと本気で思えてない→ツライと感じてない。

 

 

 

だから踏み出せない。

 

 

 

今の自分を変えるのは、決断するしかないし、その判断基準は今の自分を変えたいかどうかだけ。

 

 

 

未来のリスクがどうとかじゃなく、今がどうかなのだ。

 

 

 

 

つまり、

 

しっかりとこの生きる現実と向き合っていかなければいけないと思うわけです。

 

 

 

それを拒否し、生きる現実を受け止めなければ

 

それは現実逃避と一緒ですよね。

 

 

現実逃避しても何も解決されないです。

 

 

 

あなたは死にます。

 

そして、今は生きてます。

 

 

 

それが現実です。

 

 

という、「生」というお話でした。

 

 

 

頭整理するために書いたので

 

理解できないこともあるかと思いますが、その辺はすいません。

 

 

 

 

 

 

================

保高広野 LINE@

================

友だち追加

 

 

こちらでは、ブログの更新やライン@限定での情報をお届けします!